このサイトでは、自慢のお風呂がある原鶴温泉旅館についての情報をご紹介しています。
理想の旅行をしたい場合には、この筑後川の近くにある静かなこの温泉郷にある宿を、好みに合わせて条件付き検索をして探すのがおすすめです。
また訪れる前に知っておきたいこの温泉ならではのお湯の効果や効能についても解説しています。
それから福岡県にあるこの温泉地の歴史、さらには源泉掛け流しのお湯が楽しめる旅館にも触れているので、ぜひチェックしてみてください。

自慢のお風呂がある原鶴温泉旅館

自慢のお風呂がある原鶴温泉旅館 福岡県と大分県の県境に流れている筑後川のほとりには、自然豊かな場所にある静かな温泉郷である原鶴温泉があります。
美肌の湯がある温泉地としても知られるところで、旅館にはそれぞれ自慢のお風呂が備え付けられています。
弱アルカリ性のお湯には硫黄が混ざっていて、お風呂上りには古い角質が落ちてすべすべになるという感想を持つ人も少なくありません。
原鶴温泉には立ち寄り湯もありますが、旅館を利用して宿泊して利用するとよりそれぞれの温泉をゆっくり楽しめるでしょう。
大浴場では広い空間で開放感を感じながらお湯につかることができます。
また筑後川や山々の眺望を楽しみながら、リラックスしたひと時を楽しめる露天風呂がある宿もあります。

原鶴温泉の概要と無料開放実績などについて

原鶴温泉の概要と無料開放実績などについて 原鶴温泉は福岡県朝倉市の大分県との県境にある温泉です。
その泉質はアルカリ性、弱アルカリ性、単純硫黄泉の3種類で、水温は40度から60度となります。
アルカリ性と弱アルカリ性の温泉は美肌に良いことから「W美肌の湯」または「美人の湯」と呼ばれ親しまれています。
単純硫黄泉の方も古い角質を落とす性質を持つため、美容に効果的です。
江戸時代においても湯治場として活用されていた温泉で、古くから人々の健康に役立てられてきました。
原鶴温泉は旅館での提供の他に立ち寄りで入れる場所もあるため、日帰り旅行などでも気楽に入ることができます。
そんな原鶴温泉は、平成29年の九州北部の豪雨災害の際には被災した人々のために無料開放が行われました。
それだけではなく、旅館やホテルの宿泊スペースの開放も行われ、被災した人々の避難生活を助けています。
その実績が評価され、温泉総選挙2017においては特別賞を受賞しました。
人々の健康と美しさを増進し、いざという時は生活面でも助ける温泉地である朝倉市の原鶴温泉は、旅行などで訪れる人々にも癒しと美をあたえ続ける素晴らしい温泉郷です。
もし九州地方への旅行を検討されているならば、検討してみてはいかがでしょうか。

温泉の参考サイト

原鶴温泉 旅館

新着情報

◎2020/9/28

福岡県にある原鶴温泉の歴史
の情報を更新しました。

◎2020/09/15

サイト公開しました

「温泉 自慢」
に関連するツイート
Twitter